祖師ヶ谷店 薬局長 2012年入社

入社の動機、理由について教えてください

 初めて話を聞いた際、会社の特徴やPRだけでなく、アドバイスをしてもらい、他社とは違う魅力を感じました。
「“上京したい”だけでなく、薬剤師として何がしたいのか考えて就活しなきゃダメよ」と言われたことは、今でも印象に残っています。

薬剤師として、これまでどのような仕事を担当してきましたか?

 最初の配属先は総合病院の門前薬局でした。多様な処方せんに触れ、薬剤師としての基本的な知識が身につきました。2年目からはトレーナーとして後輩育成にも携わりました。
 現在の店舗に異動してからは、在宅医療に携わり、介護施設での医師の往診同行や個人在宅を担当しています。薬局内だけでなく、外に出向いて多職種の方と関わる中で、薬剤師の職能を発揮できた時は嬉しさを実感します。
 また、現在は薬局長として、店舗運営を任されています。店舗スタッフと協力しながら、自店舗での健康相談会や薬剤師会主催のお薬相談会に参加するなど、地域に根付いた薬局を目指しています。

薬剤師として、これからどんなことに取り組んでいきたいですか?

 これからの薬剤師は、地域包括ケアシステムに、より積極的にかかわっていくことが求められています。多職種の方々と連携を図るためにも、薬剤師が自ら出向いて、顔の見える関係を構築していくことが必要です。
 現在も、地域で行われている多職種連携の勉強会やケア会議に参加していますが、継続して参加することで、少しずつですが「イベントに協力してほしい」とお声がけいただく機会が増えてきました。いざという時に連携を図れるよう、今後も地域の医療職・介護職の方とのつながりを深めていこうと思います。

薬局長として、どのような店舗づくりをしていきたいですか?

 患者さまの満足度の高い薬局を目指して店舗づくりをしていきたいです。質の高い医療サービスを提供すると共に、患者さまの気持ちに寄り添った対応をしていきたいと思います。そのためには、スタッフが高いモチベーションで店舗づくりをできる環境が必要だと考えています。
 例えば、事務スタッフには患者さまに居心地の良い空間を提供できるよう普段から工夫してもらっています。レイアウトなど、患者さまに商品を見やすく手に取りやすいようにしてもらっています。

薬学生の皆さんへメッセージをお願いします。

 今後は『薬剤師』という資格だけでは生き残れない時代になります。専門性は一番大切ですが、コミュニケーション能力・経験・人脈などが重要になってくると思います。
 薬剤師になるうえで一番必要なことは、様々なことに興味を持ち、学び続ける姿勢だと思っています。広い視野を持ち、新しいことにも柔軟に対応できるような薬剤師が、本当に必要とされる人材であると考えます。

プロフィール


祖師ヶ谷店 薬局長 2012年入社
ただ、ルーチンワークをするのではなく、薬剤師として様々な仕事に携わり、職能を向上させていってほしいです。そのためには自分の考えをしっかりと持ち、積極的に行動することが大切で、そんな人と一緒に働きたいです!