運営管理グループ 課長 2006年入社

店舗業務のほかに、人材の育成も担当

 店舗業務では、患者さまの応対がメインとなりますが、市販薬、漢方薬の勉強会で知識を身につけ、事務主体の意見交換会などを通して交流を深めることも大切だと考えています。
また、新人のフォローアップ研修も担当しています。これは新卒社員を対象に実施している研修で、考え方や心の成長をサポートするため 一人ひとりに合わせたフォローを行っていくものです。

 困っていることや悩んでいることはないか状況を確認して、不安を取り除くように努めたり、問題を解決し、仕事に対する意欲を向上させるために面談やディスカッションを行ったりしています。 
通常業務に加えてこうした活動を続けるのは大変なときもありました。でも当社は店舗間の連携が強く、皆が頑張る人を応援してくれます。

 周りのスタッフが快く力を貸してくれ、サポート体制もしっかりしているのでここまでやってこられたと思っています。

人材教育は、本人の将来だけでなく会社の未来を担っています

 ここ数年は、新入社員の配属が続いていることもあり、人材教育の責任、大切さをいっそう強く感じるようになりました。

 人によってフォローの方法は変わってきますが、なかなか口にできない内面的な悩みを吸い上げ、うまく解決の手を差し伸べていくことを心がけています。
自分で考えたり悩むことも本人にとって必要な場合もあるので、ヒントを与えたり、方向性が違っていると感じたら、正しい方向に戻してあげるという方法を取ることもあります。

ただ、自分の思いだけで進められるものではなく、相手のペースもあることなので簡単にはいかないこともありますね。 

 難しさもありますが、成長していく姿を目の当たりにしたり、節目にお礼を言われると思わずうるっときてしまい、感慨深いものがありますね。
今は、自分のことよりも後輩や店舗など、自分が関わってきた人たちがほめられると、とてもうれしいと感じます。

 スタッフの成長は、会社や店舗の未来をつくるもの。その後押しをする環境づくりの責任を感じながら、毎日仕事をしています。 それぞれが持っている長所を伸ばし、患者さまや関わる人たちを喜ばせたり、笑顔にしてほしいですね。スタッフの可能性を広げていくようなサポートが今の自分の役割だと思っています。

フォローアップ研修を通して変わった仕事に対する意識

 入社した当初は、自分が今のように指導をしたり、人をまとめる立場になるとは想像もできませんでした。
様々な体験を通して、今では自分が直接指導するよりも、スタッフのそれぞれに役割をお願いして取り組んでもらっています。
失敗してもそれは学びになりますので、チャレンジして成長してもらうことが目的です。 

 私自身、悩んだり迷ったりしたとき、身近な人たちから自分が思いつかないような考えを示していただいたり、背中を押してもらったこともあります。また、「自分の考えでいいんだ」と自信を持つこともありました。 そんな風に助けてくれた上司や同僚の存在はとても大きかったです。 

人材教育に限らず、講師や新卒採用、面接などにチャレンジさせてくれた会社にも可能性を広げてもらったと感じています。経験を重ねるごとに仕事内容も変わり、関わる人の数も増えてきました。 

 就職活動をしている学生さんには、興味のある仕事があれば、一度働いてみることをおすすめします。私も興味があったお菓子屋さんでアルバイトをしたことがあります。実際に働いてみて知ることもたくさんありました。社会人として学べることもたくさんあります。

プロフィール


運営室 運営管理グループ 課長 2006年入社
いろいろな年代の人と関わっていく仕事なので、素直でどんなことも前向きに取り組む人が伸びていくと思います。入社したら社内だけでなく、患者さまにも信頼され、喜んでいただけるような存在になってほしいですね。2009年 登録販売者 取得
totop.png